×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

サマンサタバサのブランド

サマンサタバサ

サマンサタバサは若い女性に人気があるバッグブランドです。ファッション雑誌CanCamでよくみかけることも多いことから、20代の女性を念頭においた商品構成が基本となっていますが、10代後半の女性にはよりキュートで手頃な価格帯のサマンサタバサベガが、30代の女性にはより大人っぽくエレガントなサマンサタバサニューヨークがラインナップされています。


サマンサタバサは、女性それぞれのステージにあわせて、9のブランドを用意しています。キャリアアップしたら、身に付けるアイテムもあわせて格調高くランクアップしていくことができます。2004年にはバッグだけでなく、財布やポーチなどの小物雑貨を取り扱うラインがサマンサタバサプチチョイスとして誕生しました。


サマンサタバサはセレブリティをプロモーションモデルやデザイナーとして起用しています。2002年にはなにかと話題なヒルトン姉妹がサマンサタバサのプロモーションモデルとして、2003年にはサマンサタバサ、サマンサティアラのプロモーションモデルとして、ヴィクトリア・ベッカムが起用されました。


サマンサタバサもここまで人気ブランドとなると、ニセモノも流通してきます。素人にはまず本物と偽物の区別はできません。偽物かどうかという疑心暗鬼な心地でバッグを使用するよりも、堂々と正規店で購入した方が気持ちよくおしゃれを楽しむことができます。サマンサタバサでは、通販の一環として、サマンサタバサ公式モバイルサイトであるサマンサタバサ   ワールドウォーカーもありますので、そちらを利用するのもいいでしょう。


20代女性に大人気なサマンサタバサ

20代女性に大人気なサマンサタバサはバッグがなんといっても一番有名ですが、特長として、サマンサタバサのバッグだと一目でわかるにもかかわらず、まったく同じバッグというのはあまり見かけないことにあります。これは、サマンサタバサに限定商品が多いことが所以です。完全なオーダーメイドとまではいかないまでも、自分だけのお気に入りのサマンサタバサを所有できる喜びというのはとても嬉しいことです。


サマンサタバサが展開している10のブランドには、それぞれ異なる魅力や性格がアピールされています。憧れのプロモーションモデルから、あんな風に付けこなしたいと、イメージを重ねられるのもサマンサタバサの魅力です。サマンサベガは「元気でキュート、実用性、トレンド感」をおさえた大人のカジュアルスタイルを指向したブランドで2000年に発表されました。同じく2000年には「都会的でスタイリッシュ」をコンセプトにした、サマンサタバサニューヨークも発表になっています。


サマンサタバサはトレンドに敏感です。プロモーションモデルとして従来のセレブだけでなくソーシャライト、ティンズリー・モティマーを2006年に迎え入れました。ソーシャライトとは、社会貢献に積極的な社交界のスターといった意味合いを持ちます。


人気ブランドの宿命として、偽物の流通があります。サマンサタバサも例外ではありません。安いからといってオークションなどで購入することに、ブランドの保証はありません。安物買いの銭失いにならないよう、ブランドとしてサマンサタバサを楽しみたいなら、正規店での購入をおすすめします。


サマンサタバサは純国産のバッグブランド

サマンサタバサは1994年にスタートした純国産のバッグブランドです。女の子好みのかわいらしいデザインと色使いが魅力的ながらも、お手頃価格で手に入りやすいというところが人気の理由の一つです。ただ限定商品が多いので、お気に入りの商品があったら、迷わずゲットするのが賢明です。


サマンサタバサは10ものそれぞれ違ったブランドを展開していますが、それはその人の成長によってステップアップできるような立体的な構造となっています。ジュエリーブランドとしてのサマンサティアラは2003年にデビューしました。シルバーアクセサリーとしては、SAMANTHA SILVAで展開しています。


サマンサタバサはトレンドに敏感です。プロモーションモデルとして従来のセレブだけでなくソーシャライト、ティンズリー・モティマーを2006年に迎え入れました。ソーシャライトとは、社会貢献に積極的な社交界のスターといった意味合いを持ちます。


サマンサタバサはNTTDoCoMo・KDDI・Softbankの公式モバイルサイトとしてサマンサタバサ ワールドウォーカーを開設しています。全国各地のショップ情報やセレブ情報はもとより、モバイル限定商品「STNY(エスティニー) by Samantha Thavasa」を購入できるのが近くにショップがない場合には、嬉しいところです。